読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石橋叩渡

アラフォーからのライフスタイルを考える。あと物欲。冬の仕事の閑散期を利用してブログを書いて脳内整理。忙しくなったので更新縮小。

本気になればすべてが変わる 生きる技術をみがく70のヒント

f:id:chikasyu:20160528200341p:plain

先月のアマゾンのキンドル本月変わりセール品。
プロスポーツ選手が自分の考えをまとめた本は、一般人でも日常生活や仕事に応用して使える事が多いのでセール対象品でレビュー評価が良ければ迷わず買ってしまいます。
 
TVやネットでの松岡修造のイメージといえば"兎に角、熱い男"。
自分の中でもそんなイメージで、ニコ動のMAD動画、ビッグブリッヂの修造 を一時中毒的にみていた事もありました。

でも、本書を読んでみたら松岡修造のイメージががらっと一変。
ノリでガンガン突き進んで行くタイプではなく、自分を鼓舞する為に自身を奮い立たせて熱く振る舞っている感じ。
内容的にも他のスポーツ選手の啓発本より、ポジティブに盛り上げる方法や、ネガティブ思考からの脱却する為のセルフコントロールが多めに載っていたと思います。
修造さんの地は冷静に考えて物事を進めるタイプ。
 
「自分の取扱説明書」を書いて己を再認識してみたり、自分の行動を日記に書いて行き詰った時には、日記を読み返して以前はどうやって再起したかを見出す。
日記の件は仕事の失敗からの改善案を自分なりに書いたり、イライラした日に怒りを殴り書きしてメンタルコントロールする為にちよっと真似したくなった。
 
 
羽生さんみたいな天才肌ではなく、怪我で苦しんだり挫折を経験しながら努力で這い上がった修造さんの方が共感出来る面は多く、自分みたいな凡人は好感度が上がりました。
 
"一度しかない人生、自分の心が喜ぶ自分なりの本気を見つけてください。それは決してカッコ悪くないし、難しいことでもない。自分の心の声に素直に耳を傾けてみてください。"
 
マイナス思考で負の感情に陥りやすいのですが、人生はとても楽しいと思います。
本気になってひとつの事に打ち込む情熱は枯れかけていても、少しでも興味が出た未知の分野をちょっとだけ手を出してみるのが最近とても面白い。
広く浅く色んな事を吸収するのも刺激があって楽しいなぁ と思う今日この頃です。