読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石橋叩渡

アラフォーからのライフスタイルを考える。あと物欲。冬の仕事の閑散期を利用してブログを書いて脳内整理。忙しくなったので更新縮小。

和平フレイズ 木柄フライパン

f:id:chikasyu:20160608200145j:plain

鉄製のフライパンをアマゾンで買いました。

元々、鉄フライパンを使っていた我が家。
贈答品でもらった取っ手がとれるティファールを貰ってからは用途が被る鍋やフライパンは総とっかえしてティファールを使っていました。
が、やっぱり劣化する金属類。数年経った後にフライパンはコゲ付くようになり、鍋も表面の塗装が剥げはじめて廃棄。

それからフライパンはホームセンターで売っている安めのコーティング加工フライパンをコゲ付きが酷くなるまで使い捨てで買い替えてきました。

安い物だとコーティングが一か月前後で駄目になったりするので、どれくらいの価格帯のフライパンが長持ちするのかをネットで調べてみたら、鉄フライパンやステンレスフライパンの選択肢に気付く。

アルミフライパンに比べて重い、買ったらまず空焼きで馴らさないといけない、油ならししてから調理開始など、デメリットも多い鉄フライパン。
それでもコーティングが剥がれたアルミフライパンも強火でガンガン熱してから煙が出たら油引いてコゲないようにしてるので、使用法は我が家では鉄もアルミも変わらない。

ネットで調べてるとよく出てくる"使って育てる鉄フライパン"というフレーズにぐっとくる男は多いんじゃないかなぁ(笑)。

という訳でアマゾンで2,000円程度でレビュー評価もそこそこ良かった日本製 鉄フライパンを購入。
強火で空焼きしてから野菜炒めを作ってみたけど、出来栄えは当然いつも通りの普通でした。

高価なコーティングフライパンよりも安い価格なのでサビしてまっても後悔はない。
手入れにあまり神経質にならずに気軽に使っていこうと思います。

 

lifehack2ch.livedoor.biz

matome.naver.jp