読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石橋叩渡

アラフォーからのライフスタイルを考える。あと物欲。冬の仕事の閑散期を利用してブログを書いて脳内整理。忙しくなったので更新縮小。

友情のトライアングル


【公式】キン肉マン イチオシ名場面 キン肉星王位争奪編 第39話「さらば!貴公子ロビンの巻」【BRAVIA座談会:バンダイセレクト】

 

You Tubeを開いたら「あなたへおすすめ」のカテゴリーにキン肉マンのアニメが入っていたので、配信元の東映アニメーションのチャンネルからロビンVSマンモスマン回をみました。
 
いやー、涙は出なかったけど、目頭が熱くなったわ。
ロビン式アイスロックジャイロはあんまりだけどさ…(笑)。
 
原作でもロビンが消えるシーンはグッときたし、王位争奪戦のこの回も作画陣に力入ってて素晴らしい。
本当に編集がチェック入れてるのか?と疑いたくなる突っ込み所の多い雑な展開がキン肉マンの魅力だと思うが、こういう仲間同士の友情を描く熱い展開かったのから児童の頃に夢中になってたんだなー。
 
今日はこの回以外にも他の回もみた。
ザ・魔雲天と共に谷底に消えたテリーマンが自身のテーマソング テキサスブロンコをBGMに帰ってきたテリーマン
キン肉マンとの戦いで友情に目覚めサタンとの決別に向かうバッファローマンだったが、サタンに鉄骨に串刺しにされ、自分の命を使い死んだ正義超人を復活させて雪山で息絶える。
 
この動画の選出は中々良いんじゃないでしょうか?
時間があればもうちょっと見たい。
 
ゆでたまご原作もキン肉マン2世は今風の引き伸ばし展開でぐったぐただったけど、今ネット連載している完璧・無量大数軍編は過去の投げっぱなしになっていた設定ほじくり返して補完してるので月曜日が待ち遠しいほどに面白い。
悪魔将軍復活やシルバーマン(銀のマスク)の登場回は「ゲェー!!」って言いそうになった。
 
80年代というある程度は緩い設定でも許された時代、読者応募デザインで魅力もあった敵味方の超人のキャラクター性。
それとジャンプ黄金期を築いた努力・友情・勝利という法則だけはきちんと根底にあったら面白かったし、刷り込みでキン肉マンが好きな層がいるんでしょうね。
 

 「ゆでだから」、ゆで理論で済ませるゆで信者が好きだ。

ウォーズマンVSバッファローマンのWベアクロー計算式の滅茶苦茶さは最高。

ロビンが消えるシーンでミートの額がママになってたんだ(笑)。

読者応募で僅か数コマで退場するレオパルドンはもうや伝説。