読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石橋叩渡

アラフォーからのライフスタイルを考える。あと物欲。冬の仕事の閑散期を利用してブログを書いて脳内整理。忙しくなったので更新縮小。

枯れはじめ

前回の投稿にも書きましたが自分の肌は脂分たっぷり。

眉から鼻筋付近のTゾーンはテカテカしてくるのですが、去年辺りから口周り、髭の生えてくる辺り、Uゾーンの方が乾燥してる事があります。
冬場に髭剃ってるとたまにカサカサしててびっくりする。
全身に使えるニベアは便利なので、気付いた時には顔に塗り込んでいました。

また、目元周りにシミも発生して老いを少しづつ実感しているのですが、先日たまたま居間のTVで流れていた白熱ライブビビットの司会 国文太一の顔のアップで結構鮮明にシミが映し出されていてびっくりした。

自分より年上とはいえ、ジャニーズ所属タレントできちんとメイクもしてるだろうに、ああもシミが公共放送に乗っかっちゃうのは怖いもんだね。
地上波デシタルが始まった頃、女優さんがシミや皴が鮮明に映るのでアップを嫌がった という話題を思い出した。

f:id:chikasyu:20160119103554j:plain

そんな事で老いを考えつつも先日観たニベアメンのエイジング化粧品のCM。
やっぱり、こういうの導入しなきゃいけないかな?と思い色々と買い揃えはじめました。
定番の洗顔料、ローション、クリーム。

とりあえず、ヒアルロン酸コエンザイムQ10という成分に騙された気分で使ってみます。
ニベアメンやルシードが30代以上向けのアンチエイジングを売り出して、ドラッグストアでの売り場が大々的に。
「あれ?こんなに売り場面積あったっけ?」
普段、何気なく通り過ぎてるけど、興味もってから見ると需要ある事に気付いてびっくりします。


ついでに職場で仲の良いマダム陣にエイジングケアの事について聞き取り調査。
使ってる金額は教えてくれませんでしたが、デパートの売り場で相談員が居るようなカウンセリング化粧品使ってるとか。
そして「アラフォーからシミ小皺対策するのは遅いくらいだ」と説教もされました。


日々の悪習慣の結果かかるのが生活習慣病です。

肉体的ピークを越えて表面的肉体的にも老いていく身体。
その身体に対して良い習慣を続けないと、健康的な身体を維持出来ないのかもしれない。
三日坊主にならずこつこつやっていく事が大切ですね。

「年齢より若くみられたい」というより「年齢より老けてみられるのは嫌」なのが動機です。
悪い習慣を断つ事は大変ですが、新しい習慣を定着させる事も大変だ。