読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石橋叩渡

アラフォーからのライフスタイルを考える。あと物欲。冬の仕事の閑散期を利用してブログを書いて脳内整理。忙しくなったので更新縮小。

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください! 作者: 山崎元,大橋弘祐 出版社/メーカー: 文響社 発売日: 2015/12/04 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 著者と経済評論家の対談方式が実に簡単で分かり易かった。話し言葉、イ…

キネさんの一人でキネマ

以前から気になっていた「キネさんの一人でキネマ」の1巻ポイント20%還元セールをやっていたので「今が買い時」と思いキンドル本購入。 これが思った以上に面白くて、出たばかりの2巻も読了後に即刻ポチっとしてしまいました。 30ン歳独身OL・木根さんの趣味…

40歳からは食べ方を変えなさい!

ふらっと地元イオンの本屋に寄った時に以前キンドル無料本で触り部分が読めたこの本が売っていたので買いました。 母も倒れた事もあり、父親と男二人の食生活。 これからどうするべきか考えたいと考える所もありました。 ここ数年は父がメインで台所に立って…

本気になればすべてが変わる 生きる技術をみがく70のヒント

先月のアマゾンのキンドル本月変わりセール品。 プロスポーツ選手が自分の考えをまとめた本は、一般人でも日常生活や仕事に応用して使える事が多いのでセール対象品でレビュー評価が良ければ迷わず買ってしまいます。 TVやネットでの松岡修造のイメージとい…

長生きしたければ高血圧のウソに気づきなさい

珍しくキンドルの電子書籍じゃない紙媒体の本。 実は母親を脳卒中で亡くし、遺伝で高血圧気味の会社で仲の良いパートさんの誕生日にプレゼントしようとAmazonで買い、自分自身も興味があるので先に読んでしまおう そんな思惑で買った本です。 普段、読書習慣…

大便通

大腸に宿る無数の細菌。大まかに細菌を分類すると善玉菌、悪玉菌、日和見菌というグループに分かれる。善玉か悪玉の数が増えると日和見菌が優勢なグループと連立政権を組み大腸に様々な影響を与える。 便がドス黒かったり、臭いがきつい。便秘気味なお通じは…

70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

3月20日 春分の日の夜に突然、母親の呂律がまわらなくなり市民病院に救急車で搬送。救急外来で左脳くも膜下出血と診断され、「状況がさらに悪化すれば今晩中に命を落とすかもしれない」 と告げられました。そこから何とか持ちこたえてくれたのですが、半身不…

諦める力 勝てないのは努力が足りないからじゃない

著者の為末大 氏はこの本で初めて知ったのですが、この考え方も大変参考になりました。 羽生さんや梅原の本は真剣勝負の試合に関しての、プロとしての心構え、考え方を書いてあり日常生活でも生かせる素晴らしい内容でした。 為末氏は陸上の花形100メートル…

あなたの話はなぜ「通じない」のか

キンドルセールの書籍で評価が良かったので買ってみた。 上下関係や考えの違いからで、意思相通がとれずにもどかしい思いをするのは、誰もがあると思います。 この本では大前提として、「まず日頃からの人との関わり合いの中で自分というメディアの信頼性を…

決断力

プロゲーマーの梅原の本が良かったので、評価の良かった棋士 羽生善治の本も読んでみました。 プロの勝負師の行きつく所は同じなのか、考え方のコツの部分は結構ウメハラ本と通じる部分も多かったと思います。 今迄得た知識と経験があこからこそなせる決断力…

40歳からは食べ方を変えなさい!&一生、医者いらずの食べ方

Amazonランキングで見つけた無料本。同著者の本二冊の二章までの部分を掲載したお試し本。それでも内容的には満足できました。 40歳までの人間の身体はレギュラーガソリンで十分活動出来る車なのだが、40越えるとハイオク仕様車になるので若い頃の様に何も考…

勝ち続ける意思

…表紙の「人生の攻略本」は嘘ではないかもれしない。 プロゲーマー 梅原大悟の初めての書籍。アマゾンのレビュー欄で色んな方面の人が絶賛していたのでキンドル版のセールの時に購入。 ウメハラ自体は格闘ゲームブーム最中のゲーメストの大会で何度も優勝し…

日々の100

ブログ巡回してる際にレビューを読んで興味を持った一冊。 著者である松浦弥太郎氏の愛用品を解説と共に紹介する本なのだが、物欲高めで他人の持ち物に興味のある自分にはとても中身が気になり購入。 若くして英語も出来ずに単身渡米し見分を広めていたり、…

必要十分生活

本屋でパラっと立ち読みした「必要十分生活」。 片付けの切り口が面白かったので家に帰ってキンドル版を探してみたら、キンドルで公開されてそこから書籍化された本でした。 必要最低限の物だけ押さえて無駄に物は増やさない。無駄に物ばかり増やして「収納…